ピコ太郎も実践する運気上昇の法則


 人気が移ろいやすく浮き沈みが激しい芸能界はまるで人の運のショールームのようだ。そこに自らも身を置き、さまざまな芸能人の運の変遷を見てきた島田にとって、運とはいったい何だろう。

「運という漢字は“はこぶ”と読むでしょう。運とは動くもの。だから放っておくと自然と逃げてしまう。具体的には、運を貯めるためには4つの法則があると思います」

 そんな、“運を貯める4つの法則”を島田が教えてくれた!

【1】運がいい人に近づいてお裾分けをもらえ!

「運がいい人のそばにいると、独特の言動や行動があることに気づきます。いちばんはノリのよさです。そばにいると自然と自分の意識も変わってくる。それが大切なんです」

【2】運を呼ぶには自分から動け!

「パワースポットや氏神様参りがいいと聞いて、そうかとすぐやってみるかどうかで運は大きく変わってきます。芸能界で成功している人は本当に驚くほどすぐに行動に移すんです。行動力こそ運招きの秘訣ですよ」

【3】人の見ていないところで“徳”を積め!

「トイレ掃除が運を招くのは人が嫌がる仕事だからです。人の見ていないところですすんで物を磨くのは自分の心を磨いているのと同じ。一心不乱にやればやるほど、心が澄み、徳を積むことになります」

【4】「自分は運がいい」と、いつもポジティブ精神で!

「芸能界で成功している人に会うと、みなさん『自分は運がいい』と言う。そう言葉にして言うことが大切なんです」

 芸能界の浮き沈みを長く見続けてきた島田だから話せる“運を貯める4つの法則”。あなたもぜひ、まねしてみてはいかが。

続きは